5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ベアナックル】ああ伝説の拳闘家たち【ガス灯】

1 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/10 14:10
レトロの強豪たち、近代ボクシング全般を語るスレ。
伝説なので検証しようがない部分が多いので、想像を働かせ楽しく語れればOK!

カーニバルボクシング〜ジョン・L・サリバン〜ジャック・ジョンソン〜ピストン堀口
シュガー・レイ・ロビンソン〜ロッキー・マルシアノ〜ファイティング原田〜
モハメッド・アリまで、カキコが少なくても分かる人だけでマターリ行こうぜ。


2 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/10 14:42
ロッキー・マルシアノは49勝43KO無敗だが、
やはりマフィアの力もあったのだろうか、とゲスに勘ぐる。
ビデオで試合見られないかな?

3 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/10 14:51
ノンパレル・ジャック・デンプシー

4 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/10 22:22
>>3
それって拳聖ジャック・デンプシーのこと?

5 :うんこちゃん:03/10/10 22:23
むしろ・・・5!

6 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/10 22:39
>ボタが勝てばK−1を鼻で笑える、
負けても特に失うものも無し
言えてる。アビディなんてK−1何戦でてるかわからない。
それをキックルールで初参戦のボクサーに負けるK−1戦士は糞。


7 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/10 22:47
フィラデルフィア・ジャック・オブライエン

8 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/10 22:52
ダニエル・メンドサ


9 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/10 22:54
ベアナックルファイトの映像って残ってないの?

10 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/10 23:57
>>2
ウォルコット戦のスージーQは今見ても遜色のないフィニッシュブローです。
ご確認を。

11 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/11 00:01
>>9
最古のボクシングフィルムは1894年のジム・コーベットの王座防衛戦。
撮影者はかの発明王トーマス・エジソン。

12 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/11 00:05
ああ、ベアナックルのフィルムでしたか・・・すいません。
古豪といえば、私はハリー・グレブやサム・ラングフォードなどを思い出します。
ベアナックルの著名人といえば、ジェームズ・フィグやノンバレル・デンプシー
などでしょうか。

13 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/11 00:11
>>3
実は1920年代に一世を風靡したジャック・デンプシーは
19世紀後半にベアナックル〜クインズベリールールでミドル級を中心に活躍した
ノンバレル・ジャック・デンプシーの名前にあやかって付けた名前だと聞いたことが
あります。

14 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/11 00:56
サム・ラングフォードのビデオは残っていますか?

15 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/11 01:24
>>14
多分ないと思います。少なくとも私は見たことがないです。見てみたいですね

サム・ラングフォードは1910〜30年代まで活躍した黒人ボクサーで、
当時ヘビー級チャンピオンだったジャック・ジョンソンや
ジェームズ・ジェフリーズも対戦を頑なに拒んだほどの実力者で、
ライト級くらいの体格で、ヘビー級のトップ選手と互角に戦いつづけた
伝説の強豪です。

16 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/11 01:54
スタンレー・ケッチェルのミドル級タイトル防衛戦の画像は残っていますか?

17 :テリブル・テリー:03/10/11 02:02
>>14 残ってます。増田茂さんかなんかが持ってるってウワサがあります。ボクもみたことない。コンビネーションディフェンスがスゴイらしいです。

18 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/11 02:39
>>17
すごくいい名前!テリー・マクガバン、オリジナル・テリブルですね!
スタンリー・ケッチェルの映像、残ってるんですか・・・凄い!

19 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/11 02:41
>>18
よく読め。サム・ラングフォードの事でしょうが・・・

20 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/11 02:43
>>19
ほんとだ、すいませんw

21 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/11 02:44
20世紀初頭の名も無いファイターの画像が観てみたい。
特に欧州の試合が観てみたい。

22 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/11 03:57
>>13
なるほど。「比類のない」ですな。

そういえばジョー・ウォルコットも初代がいますね。
20C初頭のウェルター級王者で、ヘビー級を相手に闘う事もあったとか。
あのジャック・ジョンソンをKOしたことがあるジョー・チョインスキーという
ヘビー級ボクサーを7回で葬ったそうです。

23 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/11 11:40
>>11
ジム・コーベットはよく今のフットワークのルーツだと書かれているね。
ジョン・L・サリバンを下して世代交代したんだからやはり重要な人物だ。
でも今のボクシングの技術全般のルーツなら、>>7 のフィラデルフィア・ジャック・オブライエンか。

1867年クイーンズベリー・ルールが近代ボクシングのルーツですね?
グラブ着用、ラウンド制、蹴りや投げの禁止、四角いリングなど・・・
となるとベアナックル時代というのは初期のアルティメット大会のようなものだったのか!?

24 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/11 11:45
今の日本の格闘技ってのは昔のボクシングのことなんだね。
ボクシングが無駄だとして削ぎ落としてきた贅肉をいまだに纏ってるお間抜けショーか。



25 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/11 12:56
>>14,15
ラングフォードの動画なら、以前インターネットで見たことがあります。
ジム・フリン戦のハイライトか何かだったような。
増田茂も書いていましたが、ラングフォードよりはるかにデカイ相手が
ビビッて下がりまくって最後にKOされていた。
白黒で画像も悪かったんで、黒人のためただ黒い人影のようにしか見えない
そしてリーチの長いラングフォードが妙に不気味で怖く見えたなw
だからラングフォードのビデオは残っているんでしょう。
グレブはないそうですね。

26 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/12 04:04
>>22
オリジナル・ジョー・ウォルコットはたしか「バルバトスの悪魔」があだ名でしたっけ?
うろおぼえ・・・

>>23
ブロートン・コード全盛のベア・ナックルプライズルールでは
蹴り、投げ、目潰し、喉締めokだったとか。凄い話。
24さんの言う通り、無駄をそぎ落としたこそ、今のボクシングの隆盛があると

>>25
増田さん凄いですね、どこで手に入れたのだろう。
サム・ラングフォードのフィルム・・・見てみたいですね。
ディフェンスワークが凄くて、ジャック・ジョンソンも1回戦ったきり
逃げ回ってたそうで。こういう無名に近い強豪が、まだまだいそうですね。
ハリー・グレブなんか、義眼投げつけて殴りかかったり、ピポットブロー使い
まくったという話も読んだ事あります。凄い時代ですよね。

27 :マッカルジャル山:03/10/12 10:18
>>26
ラングフォードの映像はフリン第3戦、ラング戦があり、国内でもちらほら
出回っています。25さんのおっしゃるように画質が悪くて、何がなんだか
よくわかりませんがw

また、グレブの練習風景は以下のサイトで見ることができますよ。

http://www.harrygreb.com/homepagewithframeset.html


28 :リアル・マッコイ ◆BcYOitwVVk :03/10/12 11:06
>>16
ジャック・ジョンソンに挑戦してKOされた試合はある。(私が持ってるわけじゃない)
ミドル級も残ってるんじゃないでしょうか?人気のある選手だったはずだし…

ベニー・レナードを見てみてみたいですね。左の魔術師。(だったけ?)
RJのビデオにダイジェストで収録されいるはずだから
今度買おうかと思ってるんですが、あのビデオ持ってる人います?
感想はどうですか?

29 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/12 11:08
映像資料が殆ど残ってないから、いくらでも作り話できる罠w
残ってても秒間16コマとかだもんな。事実関係の証明のしようがないことばかり。
マスジゲなんぞ読んでる奴は馬鹿。


30 :ピュージャリスト:03/10/12 11:33
米国シラキュース近郊のホールオブフェームにいけば、オールドタイマー
のものがいっぱいあるよ

31 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/12 12:04
それぞれ秒間24コマ以上のフルラウンド映像で残ってなければ意味無し。
どうせ二次元の写真やでっちあげの伝記物書物ばかりであろう?

32 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/12 13:55
>>31
無粋な奴だな。でっち上げとか怪しさ満点の部分も
含めて楽しんでいるのだ。

33 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/12 14:25
昔知ってるつもりかなんかで沢村栄二とスタルヒンの球速差をコンピュータで解析する
検証実験やってたな。たしか時速160キロ軽く出てたのでは?とかいう伝説を
持つ剛球投手沢村は142,3キロ程度との検証結果。一方のスタルヒンのほうは153キロ。
伝説なんてのはこんな程度のもんだね。

34 :リアル・マッコイ ◆BcYOitwVVk :03/10/12 14:30
ロッキー・グラジアノVSトニー・ゼールの第2戦の映像というのは存在しないんだろうか?
この二人のライバル対決は有名だけど、映像でよく見るのは第3戦の有名なKOシーンのみ。
第2戦は語り草になるほどの凄惨な試合だったらしいが写真しか見たことがない。
2戦目の試合翌日の勝者グラジアノのインタビューは映像で見たことあるんだけど…
もう10年以上前だが、ワーボクに載っていたグラジアノの死亡記事を読んでからというものの、
ずっとロッキー・グラジアノVSトニー・ゼール第2戦の様子をハイライトでいいから見てみたいと思ってる。

35 :101回目のプロボクス ◆ZtN8ay265w :03/10/12 14:39
マルシアノの試合は、世界戦を含めてかなりビデオに残っています。
ノンタイトル戦でも、ジョー・ルイスをロープ外までほっとばした試合だどもです。
>>10さんの言うとおり、ウォルコット線のKOパンチ、スージーQは、
現代のボクシングに見慣れた人が見ても、漫画のようにすさまじいパンチです。
かなり出回っていると思われますので、ごらんになってください。

36 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/12 16:50
>>34
昔RJの会報でジョー小泉が「ゼールVSグラジアーノの最初の2試合の
映像はない。あるとしたら誰かがホームビデオのようなもので非公式に
録画したものしかないだろう」とコメントしていた。

37 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/12 17:03
アームストロングVSロビンソンの映像って残ってないのかな。
この二人、他の試合の映像は結構あるんだが。

38 :リアル・マッコイ ◆BcYOitwVVk :03/10/12 20:42
>>36
そうなんですか。グラジアノは面白い逸話が色々あって好きなボクサーなんだけど、
負けた試合しか見れないのが残念。ありがとうございました。

39 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/12 23:38
グラジアノとラモッタはともにNYのダウンタウンの不良で、
少年院で知り合っていたらしい。ラモッタが脱走を企て、
グラジアノは無理だと思い自分は参加しなかったが、手助けは
してやった(結局失敗)ってこともあったとか。
「傷だらけの栄光」「レイジング・ブル」とともに映画の主人公に
なったこの二人は同じ時期に同じミドル級で活躍していた。
対戦がなかったのが不思議な気もする。

40 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/12 23:58
ジェイク・ラモッタの映像を見て、スピードはあるけど動き固いなって思った。
その分力強さも感じたけど。
ベアナックルファイトで思い出したけど、93年のUFCはマジで凄かった。
だってバンテージ巻いただけの拳でどつきあいしてたんだから。
グローブなんてものはボクサーしかしていなかったよ。


41 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/13 00:01
グローブは拳を守るためのもの。
グローブなしでコンビネーションなんか打ったら、
すぐに拳をいためる罠。
ベアナックルの方が外傷はひどいが、脳に与えるダメージは
グローブによるものの方がはるかに甚大。

42 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/13 00:52
>>41知ってるっつーの。
そうそう、UFC'93以後俺が見たベアナックルの映像と言えば、テレビの番組で
やってたペルーかどっかの村のケンカ祭りってのがあったよ。
「お宅の牛が勝手にウチの牧草を食べてたんですけどね。」
「そんなの牛の勝手で私にはどうにも出来ませんよ。」
みたいなトラブルがあった奴どうしが年に一回どつきあいするっていうもの。
どちらかが優勢になりかける瞬間にレフェリーが止めに入る。
そのあとはお互いが凄く仲良くなってたりするから、その村は平和なんだって。
素人のどつきあいも面白いものだなって思った。
イスラエルとパレスチナも見習えっての。無理か。

43 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/13 00:53
個人的にはトニー・カンゾネリの試合を見てみたい。

44 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/13 01:08
バカな質問だけど、ベアナックルファイトってマウスピースはするの?
バンテージを巻くのが常識ってのは知ってる。

45 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/14 00:16
あのう質問です。
カシアス・クレイとモハメッド・アリが仮に闘ったとしたら
皆さんはどちらに軍配を上げられます?
やはり老獪なアリが勝つのでしょうか、それとも・・・

46 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/14 00:27
シュガー!!!!

47 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/14 03:54
ベアナックル時代とグラブ移行直後のボクサーの構えは空手に似てるね。


48 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/14 20:40
フルラウンド残ってる最古の試合って何ですか?

49 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/14 20:42
>>42
ええ話や

50 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/17 21:10
>>45
俺はクレイが勝つと思う。


51 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/17 21:22
10年位前、深夜のTVで「ジャック・ジョンソン物語」っていう映画を見た。
当時の試合フィルムを中心に構成した映画で、タイトルを取った試合と失った試合(どっちも相手の名前忘れた)や、スタンレー・ケッチェル戦なんかが入ってました。
面白かったのは、引退試合のレフェリーが当時20歳位のジョルジュ・カルパンティエだったりしたこと。
ビデオ録ったんだけどどこにあるんだかわからなくなっちゃった。

52 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/17 21:41
ベアナックル時代のボクシングのルールってどんなルールだったの?

53 :マンハッタン・ボクストーリー ◆ZtN8ay265w :03/10/17 22:53
ベアナックル時代のもっともスタンダードな(知られている)ルールは、
恐らく1838年に英国ピュジリスト(ピュジリズム=ボクシングの前身と
なる格闘技です)協会が制定した、ロンドンプライズリング・ルールでしょう。
これは、全29条からなり、
主に
ぞれまでピュジリズムとしては公認されていた、蹴り、頭突き、首締め、
噛みつき、目玉えぐりを禁止。(パンチ以外は投げ技はまだ公認、肘打ちも可)
ダウンした選手への攻撃の禁止。
ダウンした選手は30秒の休憩が与えられる。さらに、休憩の後は
8秒(8カウント)以内に所定の位置に戻る。(戻れなければKO負け)

といったところでしょう。


54 :マンハッタン・ボクストーリー ◆ZtN8ay265w :03/10/17 23:06
おっと、プライズリングルールでは、締め技は禁止でも、
まだ首締めはOKでした。

55 :リアル・マッコイ ◆BcYOitwVVk :03/10/17 23:09
そんな競技なら絶対ファンになってなかったと思う。

56 :マンハッタン・ボクストーリー ◆ZtN8ay265w :03/10/17 23:17
>>44 していたと思います。
形とかは現在とは違うとは思いますが。
元々マウスピースは、口の中を保護するより、
噛むことにより、より力を発揮させることの方が重要な目的ですから。
ちなみに、紀元前千年ほど前の古代ギリシャの格闘技でも、
マウスピースが着用されていたという記録が残っています。

57 :マンハッタン・ボクストーリー ◆ZtN8ay265w :03/10/17 23:20
バンテージは巻いてなかったことも多かったようですよ。
首を締めることもOKでしたから、バンテージをまかない方が、
容易に首を絞められますので。

58 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/18 17:44
ベアナックル時代は腕力が物を言う力任せなファイトだったらしいね。
ただラウンドも決着が付くまでやっていたようで、力自慢の死闘だったのだろう。

コーベットが近代ボクシングの凡その型──構えや足裁きを作ったようだ。

59 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/18 17:57
ジョン・L・サリバンをみるとベアナックルとグローブ時代の推移が何となく分かる。
彼の最後のベアナックル戦は1889年リッチバーグでのジェイク・キルレインとの試合。
この試合は何と75ラウンドだったというからよく死ななかったものだ。
そして1892年にはじめて5オンスグラブ着用のクインベリー候ルールで
ジェームズ・J・コーベットと世界戦を行い、21R KO負けを喫した。
もっともこの時はサリバンも全盛期の強さは全く残っていなかった時期なのだが。



60 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/18 17:58
19世紀後半はボクシングに限らず近代スポーツの形成期。
ニューヨーク・アスレチック・クラブは確か1866年に作られ、76年か77年には
フェンシング、レスリング、ボクシングの大会を近代スポーツとして初めて行なっている。
それまではレスリング同様、カーニバルで素人相手の賭け試合が多かったと思うが、
19世紀後半からきちんとしたルールに則った近代プロスポーツに発展していったのだと思う。

61 :ベビーゴステロの悲しみ:03/10/20 12:55
ジョン・L・サリバンは面白い話がありますよね。チャンピオンベルトの話とか。
拳闘王者を誇示するため、自費で宝石をちりばめた豪華なベルトを作って
酒場に入っていき「俺に勝ったらこのベルトをくれてやる」と挑戦者を
募ったらしいですが誰も挑戦しなかったようで。


62 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/22 01:27
それは当時のボクサーがまだ喧嘩屋的な要素があった時代の反映だろうか。
今では王者がそんなことをするにも周りが許さない。

63 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/22 09:22
>>62
このサリバンが自費で制作したベルトが、
今日のチャンピオンベルトの始まりと言われています。

ちょっと思ったのですが、ボクシングとプロレス興業のルーツというのは
元々同じベアナックルだったのではないかと、最近推測したりしています。

拳闘はブロートンコードやクインズベリールールの立案によって
近代ボクシングへと続く純粋な拳闘競技に発展し(その発展過程の競技が
現在も伝承されているのがフランスのサバットでは?)
プロレスはベアナックのプライズルールに、各地に伝わるレスリング、
グレコローマンや柔術、ヤールギネッシュ、チダオバ、キャッチといった
伝統、新興競技と結びつき、やがてカーニバル的要素を加えていったのでは
ないかと。

もともとギリシャのピュージリズムはパンクラチオンから分かれて
生まれた競技らしいので、この両競技、拳闘とレスリングは古代から
密接な関係があったのでは?

64 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/23 21:55
http://www.ne.jp/asahi/wrestling/history/history/01ancient.htm
http://www.ne.jp/asahi/wrestling/history/history/02modern.htm

直接の答えにはなっていないと思うが、興味あったので検索したら
このサイトが格闘技の起りについて詳しいのぉ。
レスリングとかのサイトだと思うが。

65 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 00:04
ピストン堀口はプロだったのですか?

66 :倉本 チトセ ◆MOR9kE1xE6 :03/10/26 00:07
日本チャンピオンだよ。

67 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 02:28
このスレ勉強になるわ。
ボク版ではめったにない良スレやね。

68 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 02:36
ホント勉強になるね、このスレ。
映画「snatch」でブラッド・ピットがベアナックルボクサーやってたけど、
あんな賭けボクシングってロンドンに行けば見られるのかなあ。
俺みたいな学生には縁のない話だろうけど。

69 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 05:02
ベアナックル。。今じゃ考えられん程過酷だっただろう
勇気ある先駆者よ 

70 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 09:13
知識を出し合ってレトロを研究していきましょう。
歴史を知ると今のボクシングが10倍面白くなるし、
ボクシングの本質を知る手がかりにもなる。

71 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 11:09
>>65
■ピストン堀口(1914〜1950)
「拳聖」といわれたプロボクサー。
本名堀口恒男。栃木県生まれ。
1932(昭和7)年早稲田大学専門部に入学、上京。
「日本拳闘倶楽部」に入門。
33年の日仏拳闘戦の日本代表決定戦で中村金雄(同門の先輩)にテクニカル・ノックアウト勝ちする。
同年8月、戸塚球場でヨーロッパバンタム級チャンピオン、エミール・プラドネルと引き分けて名をあげた。
たゆまぬピストン戦法で知られた。
176戦138勝(82KO)24敗14引き分け。この試合数は日本最多記録。47連勝の日本記録も有す。
50(昭和25)年10月、神奈川県内で列車にはねられ死亡。


72 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 18:36
ピストン堀口の時代には一日5試合するようなボクサーって本当にいたのですか?

73 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 18:42
ピストン堀口の時代には世界チャンピオンはいたの?
当時の世界で有名な選手ってだれになるんだろう?

74 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 18:44
>>68
ロンドンはどうかわからないけれど、シカゴのあるパブでは週末にショーボクシングをやっていて、
それがベアナックルファイトだった。
八百長だろうけれど、パンチが当たる度にゴッツンゴッツン物凄い音が響いて凄い迫力だった。


75 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 18:48
>>73
世界チャンピオンは既に存在していた。
同時代の超大物と言えばヘンリー・アームストロング。
ピストンがアメリカに行ってアームストロングに挑戦する、
なんて話もあったらしい。どの程度具体的だったのかどうか
までは知らないけれど。

76 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 18:50
>>74
それはいつ頃の時代ですか?

77 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 18:55
>>72
今のようなメディアがなかったから、事実関係の証明には多くの証言が必要だと思うけど、
スケジュールがめちゃくちゃで、試合間隔が短かったりしたのは事実。
>>73
ジョー・ルイスは古いか。
ロッキー・マルシアーノとか?
ジェイク・ラモッタ

78 :74:03/10/26 19:04
>>76
つい最近の話だよ。
ラスベガスとは違って、非合法のギャンブルだから、常連の客に店員が声をかけてくれるの。
悪そうな人がいっぱいいて恐かったよ。
俺の英語は何言ってるか分からなかったらしいから、問題にはならないだろうって思ったのかなあ。

79 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 19:18
>声をかけてくれるの。
東京の方ですか?

80 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/26 19:50
>>74
それが女の子同士の戦いだったらハアハア(;´Д`)

81 :ボク街ック天国 ◆ZtN8ay265w :03/10/26 23:17
初代英国(世界)ベアナックルヘビー級王者、
ジェームス・フィッグからの王者の系譜が載っています。
とても興味深いですよ。

http://www.geocities.com/sdimitry/boxing1.html

82 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/27 05:21
>>81
おおおおおおおおっっ!
なんかしびれた。
めちゃくちゃおもしろい!
とんでもなく強いヤツがいたんだね。
ジョージ・フォアマンのことを改めて凄いって思った。

83 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/27 05:27
ジョン.L サリバンをクローンで復活させてほしい。
とんでもなく強かったのね。

84 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/27 06:26
ベアナックルファイトの記事見つけたから貼っておくね。
http://www.bbc.co.uk/insideout/east/series2/bare_knuckle_fighting.shtml
ジプシーとかパイキーだけじゃなくて、伝統的にベアナックルボクシングやってる人たちって、
>>42のペルーとかいろんなところにいるんだね。

85 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/27 06:38
>>81
こりゃすげえや!ヲタにも上には上がいるもんだ。

86 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/27 09:40
ジョン・L・サリバンの試合って映像残ってないの?

87 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/27 10:06
無理でしょう。19世紀後半のボクサーだからね。
>>11に最古映像の情報があります。


88 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/27 10:08
ちなみにサリバンはコーベットの一世代前の王者ね

89 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/27 10:42
>>87
チャーリー・ミッチェル戦ですかね?出回ってるなら観てみたいな。

90 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/28 19:57
ベビー・ゴステロの悲しみさんが来たら教えてくれるでしょう。

91 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/30 07:47
保守age

92 :マッカルジャル山:03/10/30 08:03
>>89
ベビー・ゴステロの悲しみさんではありませんが…
最古の試合映像はコーベットvsコートニーで、2分ほどの短い映像らしいです。
コーベットvsフィッシモンズは持っていますが、こちらはないなあ。


93 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/30 08:56
>>92
コーベットvsフィッシモンズってラウンドカット無しですか?
また画質はどうですか?

94 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/30 23:06
>>74
アメリカでも非合法でベアナックルが残っているんですね。
海外には行ったことはないのですが(笑)10年くらい前のテレビ番組で
南アフリカやガーナのベアナックルを紹介していた旅番組がありました。
選手はバンテージを巻いて、かなり離れた距離で左を伸ばしながら
オープンブローを放っていました。すごく新鮮なスタイルでした。
昔のベアナックル競技も、あんな風に戦っていたのでしょうか。
ちなみにこの競技も非合法でした。
またミャンマーにも、ムエカッチューアという、ベアナックルの
タイ式競技があるそうです。たしか士道館(だったかな)の市原選手が
飛び入りで参加してちょっと有名になったりましたよね。
ヨーロッパでも50年代頃まで、ベアナックルが盛んだったと聞いたことが
あります。もしかしたら、アメリカのように今でも非合法で行われて
いるのでは?

95 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/10/30 23:07
>>81
すごい・・・ジェームズ・フィグから掲載されている・・・
これを見ると、ジョンLサリバンという人は、当時の拳闘界に、多大な
影響を与えていたことがわかりますね。

>>90
私もわからないことがたくさんあるのでここで勉強したいと思います。
よろしくお願いします。
私もコーベット対コートニー戦が最古の映像と聞いております。
たしかジョー小泉さんが所持してるらしいです。

>>92
コーベットvsフィッシモンズ、出回っているんですか!?
フィッシモンズといえば鍛冶屋上がりの強豪、というイメージが
ありますね。そしてミドルからヘビー級に転向して王者になった元祖!

あ、関係ないけど今ラジオでクイーンの「ラジオ・ガ・ガ」が流れてる。
いい曲だなあw

96 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/31 00:21
>>93
100年以上前の試合に画質とかラウンドカットとかいってんじゃねえよボクオタ!

97 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/31 03:40
第一回アルティメット大会をみた時は凄い衝撃でしたね。
それまではボクシングでも空手でも素手で顔面を殴るなんて
恐ろしくて想像だにしなかったですよね?

>>94
そのミャンマーの格闘技の映像もはじめてみた時は衝撃でした。

98 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/10/31 06:33
>>94
その市原はたぶん大道塾だと思われ。
>>97
初期のアルティメット大会はおもしろ格闘家がいっぱい出てて今UFCとかプライド
より好きだな。格闘技っていうより腕自慢のけんか大会って感じで変な表現だけど
残酷なのにほのぼのしてた。
ミャンマーの格闘技昔テレビでやってたね。ふしぎ発見だったかな。

99 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 01:23
>このサリバンが自費で制作したベルトが、
>今日のチャンピオンベルトの始まりと言われています。

亀レスで申し訳ないが、自費じゃなくってサリバンの地元ボストンの
後援者達が金出し合って作ったんじゃなかったっけ?

100 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 01:33
100ナックル!

101 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 01:56
>>98
まったく同意初期のUFCの怪しい雰囲気が好きだった出てる選手も怪しくて

今はレベルが高くなったけどスポーティになりすぎた、仕方ないけどね

102 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 13:36
レトロよりも伝説のベアナックル時代に関心がある人が多いんだね。
ジョン・L・サリバンといえば当時のレスリングのグレコローマン王者である
ウィリアム・マルドーンと並んで格闘技のヒーローだったらしいね。
映画にも出演し、格闘技の枠を超えた英雄だったらしいよ。

そういえばマルドーンとはマフィアの監視の賭け試合で対決してるね。
その試合を通じて年長であるマルドーンの弟分になったらしいよ。

103 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 14:28
あ〜本に書いてあったね

104 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 16:26
絶対に映像はないんだけど、ジャック・ランドールは見てみたいなぁ

105 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 16:47
ほんとに見たくて言ってるのか
ヤンググリフォーとか?


106 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 16:57
初期ボクシングの試合は、怖いもの見たさで見てみたいような気もする

107 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 18:05
>>102
マルドーンって、ニューヨーク・アスレティック・コミッションの会長になったんだよね。
レスラーが会長になれた時代だったんだ(w

108 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 22:12
ちょっと想像できないんですけど、サリバンの防衛戦の相手って
どこから連れてきてたんでしょう。やっぱり街の喧嘩自慢とかかなあ。
ベアナックル時代から数えると、30何回も防衛してますよね?
しかも異常に試合間隔が短いし。

109 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/01 22:19
ここsageでマターリやった方がいいよ。

110 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。  :03/11/05 19:06
サリバンは、喧嘩相手を探してボストン中の酒場を渡り歩いたそうです。
まさに「スパーリングは酒場の喧嘩で充分」を実践した人物だそうです。
防衛戦には、酒場の喧嘩も含まれていたんでしょうか。    

111 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/05 21:40
>>110
なるほど〜。でも歴史的な拳豪の「防衛戦」の相手として
記録に残るだけでも名誉なことですよね。

112 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/05 21:53
>110
私の持っている本では年間に今の王者と変わらないくらいの試合数しか載っていません。
尤もこれはグローブ時代の事ですが。
だからアスレチックコミッションが認可する正式のプロボクサーとの試合が載っているのかも。

ベアナックル時代はまだ統一組織もなく喧嘩自慢相手の試合も多かったのでしょう。


113 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/05 22:06
>>110-112
>>81のサイト見れ!

114 :ベビー・ゴステロの悲しみ:03/11/11 11:15
遅レスですいません

>>98
ご指摘どうもです!たしか市原選手はUFCにも出場してましたね。

>>99
ご指摘どうもです。そうなんですか。昔、ボクマガの特集記事で、
サリバンの自費って書いてあったので。

プロレス板に「シューターを流智美のように語ろう」というスレが
ありまして、ここは古いレスリングやグラップリングを始め、ボクシング競技や
その他諸々の格闘技と近代プロレスの関連性の追求、発展史、各時代の名選手について
語られてた良スレです。また、プロレス板に限らず、格闘技板、武道板からも有志が募って
知識を出し合い深い考察がなされています。
ボクシング板からも話題を提供して、各板の人達に見てもらえば、また新たなボクシング観
が見いだせると思います。

「シューターを流智美のように語ろう Paet2」
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/wres/1067779809/l50


また、ここもかなり勉強になります。(このスレはボクシング板です)
「IBFとWBOどうする」
http://sports.2ch.net/test/read.cgi/boxing/1065512890/l50

ボクシング団体と他のスポーツ競技団体との比較、ボクシング黎明期の世界機構
の発展史、今日に至るボクシングの代表的な世界機構の歴史など、
トリップztN8ay265wさん(男女七人ボックス物語、ロングカウント・バケーション、
boxomo B505is、拳頭市さん)、KILL BOXLさんらが膨大な知識と高度な考察で
展開している良スレです。興味のある方は是非ご覧下さい。

115 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/11 15:30
なるほど。
でも他板と交流するにはボク板は人材不足だと思ってたけど、いい人もいるんですね。

116 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/17 19:40
ttp://www.antekprizering.com/photoarchiveimagesr-z.html
ttp://www.irishheritagetrail.com/jlsullivan.htm

ジョン・L・サリバンについていろいろ

117 :116:03/11/17 19:44
流スレから来ました。
ジョン以降の王者もいろいろ語りたいですね。

118 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/17 22:10
昔のボクサーは何で白×黒か、黒×白のトランクスしかはかないの?
それとも白黒画像だからそう見えるだけなんですか?

119 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/18 23:49
そう言えばそうですね。
おそらく赤とかは当時の男性がはくにはみっともない色だったんでしょう。
ちなみに同時期のプロ・レスリングでは婦女子の前で陰毛が透けて見えると
まずいといってアスレチック・コミッションが白タイツを禁じ黒を奨励して
いました。当時のボクシングは厚めのスパッツやロングタイツなんでこれは
当てはまらないんでしょうが。


120 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/23 14:08
ジョン・Lが初期のアルティメットに出てたら凄かったかもね。
顔面へのパンチを平常心で出来るからw

121 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 04:36
伝説とかあるかわかんないけど、ジプシーは伝統的にベアナックルファイトやってるから、
gypsy
bareknackle で検索するといくつか>>84みたいなのがでてくるよ。

122 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 05:18
http://www.antekprizering.com/sullivanfppicT.jpeg
ジョン・Lサリバンってこの写真じゃあまり強そうに見えないよね。
まあ、今でもビールっ腹で割箸みたいな腕のチャンピオンがいたりするんだけど。
http://www.antekprizering.com/sullivanjohn1890.jpeg
でかくてパワーがあるのかも知んないけど。

123 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 05:53
よく海外のサイトのボクサーのサイトのリンクに
ピート・サントルという名前があるんですがどんな選手だったのでしょうか?
リンク先に行ってもなくなっているので・・・

124 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 07:40
>>122
現役の晩年はビールっ腹だったらしいからその辺りかもね。
タレントとして忙しく練習不足だったらしい。
それでも凄い持久力と耐久力だったそうだからナチュラルに
強かったんだろうね。

125 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 08:59
サリバンの構えは総合のヒクソンの構えに似てる。ヒクソンがサリバンに似てる、
というべきなのだが。
総合はグローブが小さく、顔面が傷つきやすい。ヒクソンは重心を後ろに置き、
出来るだけ頭部を相手から遠ざけて構え、顔面を傷つけないよう一気に近づいて
組み付く。
サリバンなどの昔のベアナックルの選手も顔を傷つけないよう重心を後ろに置き、
一気に近づいて致命的な一発を入れ、それが無理だったならまた相手から離れて
重心を後ろに置きチャンスをうかがう、という退屈且つ保身的なスタイルが主流
だったのではなかろうかと思う。

126 :三好 ◆0HJqMni0dc :03/11/24 10:42
 19世紀イギリスでは、路上でベアナックルの賭け試合が行われていたのですが、
これはどちらかが倒れると1ラウンド終了というルールでした。
 そしてこの試合、100ラウンド以上行われる事が普通にあったそうです。当然、
床はキャンパスではなく石畳です。ガクガクブルブル

 また200年前には、目潰し噛み付きアリどころか、石ころで殴りつけるのも
あったそうです。カンベンシテクレ

 ピストン堀口は、男ばかり5人の兄弟で、その全員がボクサーという凄い環境で
育ったんですよね。
 私の父親(1927年生まれ)も何度か試合を見に行きました。
「彼が拳を振るうたびに、バシャッ! と音がして、グローブが血にまみれていった」、
試合だったそうです。

127 :三好 ◆0HJqMni0dc :03/11/24 10:46
>>47
 お互いグローブをしていないと、パンチを受けづらいですからね。
拳を身体から離れた場所で受けねばならないので、結果、手を伸ばす事になり、
空手スタイルになるのですね。

>>114
>ご指摘どうもです!たしか市原選手はUFCにも出場してましたね。
 UFC2にて、ホイス・グレーシーとやりあってます。
 ttp://sky.zero.ad.jp/~zaj09770/kakutougi/karateka/karate_-01/ichihara_royce.html

>>125
>顔を傷つけないよう重心を後ろに置き、一気に近づいて致命的な一発を入れ、
それが無理だったならまた相手から離れて重心を後ろに置きチャンスをうかがう、
という退屈且つ保身的なスタイルが主流だったのではなかろうかと思う。
 そういえば古代ギリシャでは、左腕を伸ばして掌を相手にかざし、右でひたすら
ストレートとフックを打つというスタイルがあったそうです。

128 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 13:00
プリモ・カルネラが暗黒社会に作られた王者だったという件について教えてください

129 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 15:46
>>128
詳しくは知らないが・・・大男(197cm・125kg)だったカルネラはレオン・ゼーという山師にボクシングを教え込まされ21歳でデビュー。
ニューヨークに渡った時暗黒街の顔役ビル・ダッフィ-が興味を持ちゼーを脅して小金で引き取った。
ダッフィ―は「動くアルプス」のニックネームでカルネラを売り出し九ヶ月で23連続KOを記録するがほとんどが仕組まれた試合だったそうな。
ジミー・スローニーはカルネラを判定で下したがそのごギャングの脅迫にあい再戦で負けさせられた。
カルネラのレコードが全部が全部八百長だったかどうかはわからない。ただはっきりしてるのはカルネラ自身はタイトルを失うまですべて自分の実力だと思っていたそうだ・・・つまりカルネラの知らないところで話は動いていた。
引退後はプロレスに転進したが40代で肝硬変か何かで死んだ。

本の受け売りだから参考程度に考えてくれ。あとカルネラの自伝「倒れる巨人」にマフィアとの関係や後から知らされた八百長に関する記述があるそうだ。日本語訳があるかどうかは知らない。

130 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 15:49
プリモ・カルネラ(イタリア、1906−67)

131 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 16:55
>>126
>19世紀イギリスでは、路上でベアナックルの賭け試合が行われていたのですが、

今でもジプシーが郊外で野良試合を堂々とやっているよ。

132 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 17:21
>>129
う〜ん・・・何だか暗澹とさせられる話ですね。
日本でも、昔ピストン堀口が判定負けした時、
審判がヤクザに追いかけれられ、判定を覆すように
要求されたとかいう話を聞いたことがあります。


133 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 17:23
しかし>>126三好さん!
お父さんがピストン堀口を見たって話・・・
何気なく書いてるけど凄いエピソードですね。

134 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 17:32
>>129
有難うございます。
当時はギャングが幅を利かせていた時代、
八百長を蹴ったボクサーが犬コロの死骸のような
姿で発見されることもあったらしいですね。
 
特にカルネラはイタリア人でしたね?

135 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/24 18:16
>>127
>そういえば古代ギリシャでは、左腕を伸ばして掌を相手にかざし、右でひたすら
ストレートとフックを打つというスタイルがあったそうです。

おい、それ今でもやってるバカが居るぞ。
高山とドン・フライなんだけどね。

136 :三好 ◆0HJqMni0dc :03/11/29 21:34
  日本に古武道があるように、ただの喧嘩技ではなくきっちり体系化された
ベアナックルファイティングの技を、今でも継承している人たちもいるのでしょうね。

 ところで、この競技がboxingと名付けられたのはいつ頃の話なんでしょ?

>>110
>ベアナックル時代はまだ統一組織もなく喧嘩自慢相手の試合も多かったのでしょう。
 それで思い出しましたが、ジミー・”ハンマーを持った亡霊”・ワイルド。
彼は近所で行われていた試合に飛び入り参加して、ボクサーデビューしたそうですね。
おおらかというかロマンチックというか……。

>>135
 ワロタ。

137 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/30 16:14
古代オリンピックではレスリング、ボクシング、パンクラチオンがあったらしいけど、
当時からそう呼ばれていたのかねえ?

138 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/30 16:18
>>137
オレの時代にはそう呼ばれてたよ

139 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/11/30 16:27
ボクシングはピュージリズム(?)とかそんな感じじゃなかったっけ

140 :ボクえもん・三太の恐竜 ◆ZtN8ay265w :03/11/30 17:05
>>136三好さん
現在のボクシングにあたる競技が正式に“ボクシング”と呼ばれる
ようになったのは、13世紀初頭、イタリアの牧師セント・ベルナルディーネ卿
が、ピュジリズム(古代の総合格闘技=ボクシングのルーツ)を復活させ、
若者達に自己鍛錬の手段として教えたときからです。
この時、特に拳を中心とした競技として、“ボクシング”と名付けた
のです。

しかし、ボクシングは以降、ジェームス・フィッグが登場するまで、
日の目を見ることはありませんでした。

141 :三好 ◆0HJqMni0dc :03/12/02 22:46
>>140 ボクえもん・三太の恐竜さん
 有難うございます。言葉自体は、ボクシングが今の様な形になるはるか以前からあったのですね。

142 :129:03/12/03 23:46
>>134
イタリ―です。タイトルを失い用済みになったカルネラに数枚の札を放り投げて、ダメージでベッドから起き上がれない彼を放っておいて部屋を出て行くギャング達・・・悲惨です。

>>130
訂正サンクです。


143 :俺たちは拳使だ! ◆ZtN8ay265w :03/12/05 01:15
ジョン・L・サリバンベルトを発見しました。
http://www.masisboxingbelts.com/JohnLSullivan.htm

144 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/05 05:59
>>143
ほう、なかなか凝った造りじゃないですか。
どれだけ自分の強さに陶酔していたのかよく分かりますね。

145 :傷だらけの拳使 ◆ZtN8ay265w :03/12/05 21:54
凄い物を見つけました。
ミャンマーのボクシングです。
ベアナックルで戦うムエタイだそうです。
http://www.ut-j.com/lwf/muepammar.htm

146 :三好 ◆0HJqMni0dc :03/12/05 22:24
>>143
 なんかシーバス・リーガル(ウィスキーね)のラベルに似てますな(w。

>>145
 この競技、いろんな名前で呼ばれているんですよね。そういえば。

147 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/06 01:38
>>145
前レスでも確か話題になりました。
第一回UFC以前にテレビで観たんですが
恐くてちびりそうでした。

148 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/06 02:47
キッド・マッコイ...ハァハァ...

149 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/06 02:49
パンチョ・ヴィラ...ハァハァ...

150 :ボクヲタだけど:03/12/06 10:14
ムエタイでグローブをつけるようになったのって戦後からじゃなかったっけ?
映画「エマニエル婦人」では既にグローブつけていたのを覚えているけど。
ディスカバリーチャンネルで「ムエタイ・神に捧げるナントカカントカ〜」
ってのを見たことがあるんだけど、それによると昔は、
バンテージに松脂つけて、それにガラスの粉をまぶして試合してたんだって。
60年代に少林寺拳法の威信をかけて、中国が精鋭を送り込んだんだけど、
まったく攻撃が効かなかったばかりか、半殺しにされて、怒り狂って帰ってきたんだって。
その数年後にまた選りすぐりの精鋭を送り込んだんだけど、結果は同じだったとさ。
少林寺拳法の人たちはムエタイボクサーに比べると痛みに全然耐えられないからね。
多分キックボクシングができる前だと思うけど、66年に極真vsムエタイってイベントをやって、
2対1で負けちゃったのね。しかも極真最強と言われていた人がKO負けする有り様。
ひじうちとローキックに痛めつけられたんだってさ。今でこそ下段回し蹴りっていうけど、
多用し始めたのはそれ以来のことなんだって。

151 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/07 00:08
>>143
当時のベルトとしてはあまりにも豪華ですな。
はっきり言って驚きです。

152 :三好 ◆0HJqMni0dc :03/12/07 12:01
>>150
 待った待ったぁー! 極真側が2:1で勝ってますがなその試合。

153 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/07 12:05
グラップラー刃牙の中学編でジャック・ジョンソンが出てた。
その他にも地下闘技場トーナメントにはサリバンの幽霊が・・・
しかしカラーラインを理由に黒人との対戦を拒否したサリバンが黒人のタイソンを叱咤激励する絵は違和感大。

154 :150:03/12/07 14:32
>>152
おっと、うっかりミス。
でも、その負けた1ってのが、名前忘れたけど局新最強とかいわれてた人でしょう?
しかも、極真側はみんな打撃を使わないで、必死に組み付いて投げまくってたよ。
空手家らしくないね。(藁)
それだけパンチとひじうちとローキックが効いてたんだね。
あっ、グローブつけてたよ、どっちも。

155 :拳冬つばめ ◆ZtN8ay265w :03/12/09 21:01
>>110 >>112
かなり遅いレスになってしまいましたが、
その当時(サリバンが王者の当時)既に統括組織(と言っても、現在の
ような国際的なものではなく、国単位のもの。今で言うコミッションにあたる。
協会のようなもの)は存在しておりましたよ。
それは、英国ピュリジズム協会です。
ちなみに米国では、1890年にニューオーリンズ・アスレッチック・クラブが
ボクシングを認可しております。

英国ピュリジズム協会は、1814年に元ベアナックルチャンピオンの
ジョン・ジャクソンが、ペリカン・クラブという名称で設立したもので、
その後、1928年フェアプレー・クラブを経て、
1938年ロンドン・プライズリング・ルールを制定すべく、
英国ピュリジズム協会に発展改称した団体です。

この協会は、その後(1891年)ナショナル・スポーティング・クラブ(NSC)
へと発展していくことになります。(以降は、IBF・WBOどうする、をご参照
下さい)

つまり、サリバンは英国ピュリジズム協会及び、米国の州アスレック・クラブ
(コミッション)に認定された統一王者であったのです。
(1889年には、当時権威のあったスポーツマスコミ誌ポリス・ガゼットからも
認定を受けています)

なお、サリバンのノンタイトルファイトについてですが、これらはすべて記録に
残っていて、しかし重要な試合以外は(いわゆる酒場ファイト等)ほとんど
エキストラ・マッチだったようです。


156 :ミヨC ◆0HJqMni0dc :03/12/15 23:16
 そういえば、シャーロック・ホームズはボクシングの名手という設定がありましたね。
 ホームズもベアナックルの試合をこなしたのだろうかと想像してみる。

157 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/15 23:28
>>156
それドラマで見たよ。
飲み屋かなんかで殴られたホームズが、
「みなさん、少しばかり余興を」
とか言って、相手のパンチかわしてカウンターぶちかますの。
「紳士ならストレートだ!」
ってカッコよく捨て台詞。
あの、唇が赤い俳優、なんて名前だっけ?

158 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/16 13:53
>>157
ジェレミー・ブレッドです。歴代の中で最も原作のイメージに近いと言われます。
もともとはシェークスピア劇出身なんですけどね。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~CTL/HPdata/music/av/gran_sh.html

159 :大統領:03/12/16 19:32
リンカーン大統領は何級だったのだろう?
ルーズベルト大統領はボクサーだったのか?

160 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/16 22:41
ホームズはボクシングと棒術の達人でさらに日本の古流武術まで体得しているスーパーマン!
とりあえず筋肉ムキムキの黒人がへし曲げた鉄製の火掻き棒を再び元どうりに戻してしまうホームズの腕力はヘビー級だと思う。

161 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/17 02:03
>>160
黒人だったっけ?
ホームズん家に押し掛けてイチャモンつけてた髭ヅラ白人じゃなかったっけ?
まあ、いいや。
あのヤサ男がストレートでガチコン!ってやるシーンはかなりかっこいいよね。

162 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/20 12:47
あれは「まだらの紐」事件ですね。
仰るとおり依頼者の父親で、髭ヅラ白人です。
あの事件はホームズファンの間では本当の犯人は依頼者だったのでは、
という議論がなされているんです。

ホームズはボクシング、フェンシング、そしてバリツを習得していて
「最後の事件」ではそのバリツでモリアーティー教授を葬っていますね。

163 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/20 13:58
>>159
リンカーンってプロレスラーだったんだね
http://www.ne.jp/asahi/wrestling/history/once/kiyomigawa.htm

164 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/20 15:33
>>163
同じところに試合結果もひとつあった
http://www.ne.jp/asahi/wrestling/history/once/them.htm

165 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:03/12/24 03:24
age

166 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:04/01/05 09:15
昨日大場政男が世界フライ級王座を奪取した試合見ましたが、
凄い打ち合いでした。
以前小林弘vs西城正三の一戦を見て「昔の日本人は凄い打ち合いをしたんだな」と
感じたものです。

なんかK-1とかでもそうですが、最近の日本人ファイターは「情念」を感じません。
様子見ばかりしてて、チャンスの時のラッシュもなりふりかまわず行くという気概がない
様に思えます。これは日本国のハングリー性の問題なんでしょうか。

わたしはボクシングは素人ですが、昨日のCSで大場のファイトを見てそう感じました。

167 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:04/01/05 09:30
大場政夫

168 :166:04/01/05 09:42
申し訳ありません。素人という事でご容赦を。。。

169 :名無しさん名無しさん@腹打て腹。:04/01/05 09:52
何も謝らなくても・・・

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)